移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2019年の日記  (最終更新日 : 2019/02/20)
1月31日(木)の記 病院の祈りの場

1月31日(木)の記 病院の祈りの場 (2019/02/04) 病院の祈りの場
ブラジルにて


午後から諸々の検査でサンパウロ市内の病院へ。
院内をいくつか移動することになるが、先回ほど随所に飾られたアートが目立たなくなった感じ。
こちらの、慣れか。
先回は作者の名前を確かめたいほど、目が絵画に引き込まれた。

院内にチャペルがあることに気づく。
正面中央に十字架が掲げてあるが、教派を超えたエキュメニカルなスペース。
青を基調ののステンドガラス。
病院内に、祈りと瞑想の場があるのはいいものだ。
着席して、しばし黙祷。
ほかに、誰もいない。
職員らしいあんちゃんが、なにかの点検に入ってきた。
「不審者」を見とがめてやってきたとか、まさかね。
ちなみにサンパウロ国際空港にも、出入り自由のチャペルがある。

さて、わが祖国は…
ミッション系の病院以外はどうだろう。
さすがに霊安室は必須だろうけど。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2019 岡村淳. All rights reserved.