移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2019年の日記  (最終更新日 : 2019/06/24)
2月1日(金)の記 遠いキモノ

2月1日(金)の記 遠いキモノ (2019/02/04) 遠いキモノ
ブラジルにて


メトロに乗ってからスマホを忘れているのに気づいた。
取りに戻ると、友人との約束時間に遅れてしまう。
ま、スマホなしでいくか。

東洋人街の日系カフェへ。
アイスコーヒーを頼んでみる。
・・・
日本の喫茶店、平均律さんのアイスコーヒーとは、光年の隔たり。

近くのテーブルに、非日系の少女たちがキモノをまとっているではないか。
日本の観光地にいるようなレンタルキモノの着こなしより、これも光年の隔たりの緩さ。
ただ、まとっているという感じで、胸元がヤバい。
して、下半身はドガのバレリーナ像のような、ひだひだのスカートだ。
なんともエキゾチックではないか。

目が合い、ポルトガル語でキレイだね、と告げるとお礼を言われる。
スマホで写真を、と頼めば撮らせてくれそうな感じ。
いやはやこんな時に限って。

日本の皆さんにお見せしたかった。
ふと、『オリエント急行殺人事件』を思い出す。
今度の映画のでも、赤いキモノの女性は登場したな、たしか。
あんな感じの緩さである。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2019 岡村淳. All rights reserved.