移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2019年の日記  (最終更新日 : 2019/06/15)
2月15日(金)の記 『京 サンパウロ』@サンパウロ

2月15日(金)の記 『京 サンパウロ』@サンパウロ (2019/02/20) 『京 サンパウロ』@サンパウロ
ブラジルにて


さてさて。
今日はサンパウロにて、主に日本からの駐在員のご夫人がたを対象とする勉強会で拙作『京 サンパウロ/移民画家トミエ・オオタケ 八十路の華』の上映と講演。
この勉強会の方々は、オンライン上にアップしたメンバーの顔にモザイクを入れるのが常。
秘密結社の趣で、キューブリックの遺作を思い出してしまう。

さて想えばサンパウロ市がメインの舞台の、この曰く因縁付きの作品をサンパウロ市で上映するのは、これが初めてではなかろうか。
いろいろな意味で、感無量である。
お昼にごちそうになったお寿司はさすがにセレビーな日本女性たちがチョイスされたお店だけあって、日本でバイトの握ったようなスシとは別物の風格があった。

好事魔多し。
夕方に歯科医の予約を入れてあったが、思わぬアクシデントに見舞われる。
金属ピンを喉のなかに落とされてしまい、吐出し不能。
いやはや。
視界不良。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2019 岡村淳. All rights reserved.