移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2019年の日記  (最終更新日 : 2019/03/24)
2月22日(金)の記 カラダの警告

2月22日(金)の記 カラダの警告 (2019/02/25) カラダの警告
ブラジルにて


ブラジル出国前日。
オンラインであちこちに連絡。
訪日土産等の買い足し、身辺整理。

午後、病院の検査結果を取りに。
やたらに疲れを感じて、帰宅後、少し横になる。
だいぶ以前に韓国を経由した時に買った高麗人参の粉末を、ハチミツとともに服用。

高麗人参の効能をネットで調べていて…

体の疲労感は、
・痛み ・発熱
と並んで、カラダが発信する三大警告信号とのこと。
なるほど、それはありがたい。
夕方の歯科医の時間まで休んで、いくらか楽になった。

また夕方のスコール。
一週間前に日系の医療組織の歯科医が誤って僕の喉に落とした金属ピンは、長さ1・5センチの由。
まだ体外に出た気配はない。
家族から、空港のエックス線検査で引っかかるのでは、と指摘が今朝、あった。
ネットで調べると、あるある…

歯科医には電話でそれを伝えて、ポルトガル語のみだが一筆書かせた。
まあ、ブラジル出国時に引っかかった場合はこれでなんとかなるだろう。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2019 岡村淳. All rights reserved.