移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2019年の日記  (最終更新日 : 2019/06/24)
3月5日(火)の記 ちょっときばる

3月5日(火)の記 ちょっときばる (2019/03/07) ちょっときばる
日本にて


今日も江古田映画祭。
『きょうを守る』。
陸前高田出身の当時、大学生だった女性が被災した知人友人を訪ねていく。
当事者がつくりてである重さ。
クレジットの最初に崔洋一監督の名前が。
監督が急用で来場できなくなったそうで、代わりに話す人も詳しい制作事情はご存じなかった。

ワケアリで、生まれて初めて新木場駅まで行く。
不思議なところだ。
重い所用のあと、材木倉庫と加工所を改造したらしいだだっぴろいカフェに寄ってみる。
なんともここちよく、在外の友人客人たちを連れてきたくなる。

清貧の徒として一日に二度のカフェなど言語道断だが、他に日にちもなくなってきた。
帰りに年末の上映でお世話になった郷土のカフェ、アンダー・ザ・マットさんに挨拶による。
なんと、よりによって江古田映画祭の実行委員会代表の永田浩三さんの、協会時代の部下だった人がいるではないか。
彼に見せてもらった作品のことを反芻していたところだった。
新宿の高層ビル街でクラス小学生たちの生態をフォローした傑作だった。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2019 岡村淳. All rights reserved.