移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2019年の日記  (最終更新日 : 2019/06/15)
3月14日(木)の記 旅立ち前夜の奔走

3月14日(木)の記 旅立ち前夜の奔走 (2019/03/26) 旅立ち前夜の奔走
日本にて


明日から10日間の列島巡礼である。
途中、東京に寄らで、一週間以上、出っ放しというのは珍しい。
今回は撮影機材も持参するつもり。
日毎の訪問先への土産物が荷物の大半。
事前に送れば、それだけカネがかかるし。
相当な荷物になるが、そもそもカラダが持つだろうか。

さて、まずは午前中、世田谷の富山妙子さん宅へ。
その足で最終日の江古田映画祭へ。
呉充功監督『隠された爪痕』。
1983年の作品だが、関東大震災のあとの朝鮮人虐殺から生きのびた在日朝鮮人、および事件を目撃した日本人に存命中に取材しているというのが圧巻。

呉監督のトークを聴いてからふたたび富山妙子さんのところへ。
なんと江古田映画祭でお会いしてご挨拶した方がいらしているではないか。
そして僕の訪問を見越して、和菓子やお弁当を持ってきてくださった。

富山さんは最新作の構図と画材の資料の解読で苦戦している。
今日は夜までお付き合いをする。
帰りに流浪堂さんに寄ってご挨拶を、と思い、近くまで来てからは今日は木曜でお休みと気づいた。

江古田映画祭実行委員の皆さんには格別にお世話になった。
ささやかな返礼として、さる日曜に撮影したアーサー・ビナードさんの講演の映像を夜なべで編集、DVD焼き。
明朝、郵送しよう。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2019 岡村淳. All rights reserved.