移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2019年の日記  (最終更新日 : 2019/04/23)
4月4日(木)の記 遅い夏バテ

4月4日(木)の記 遅い夏バテ (2019/04/08) 遅い夏バテ
ブラジルにて


ただいま編集中の動画は『コラージュを編む』のタイトルとするか。
快調につなぎ、お話の語り口も考える。

午後、リベルダージ駅で友人と待ち合わせ。
メトロに乗ると、なんだか心臓がばくばくする感じ。
血圧の薬は飲んだはずだが。

友人と、店員がオーダーを取りに来ないのが特徴のカフェへ。
友は、僕の顔色がえらく悪いのに驚いたが、いまはだいぶ回復した感じという。
なんだか、やらたにかったるい。
友と駅で別れた時の温度計は、午後5時過ぎで摂氏32度。
秋分を過ぎてからの残暑のぶり返しとサンパウロの人いきれにやられたかな。
先週、こちらに戻ってから、原稿書きと映像編集ばかりに没頭していたし。

さて今日からブラジル国際ドキュメンタリー映画祭のはじまり。
今年は上映本数も上映館も、例年の半分以下ではなかろうか。
がっかりというより、ほっとした感もあり。
自分の映像編集で追い込まれているし。

今宵は『Niede』と題されたブラジルの作品を見ておこう。
僕が1991年放送の『新世界紀行』で紹介した考古学者ニエデ・ギドン先生のドキュメンタリー。
18時半の回に、18時前に受付に到着。
すでに満員札止めだと!
21時の回もあるが、これは20時から入場券を配布とのこと。
ここで2時間待ちはしんどい。

このまま引き返すのもナニである。
別会場の19時開始の上映を目指すが、メトロの駅は大混雑、バスで行くと間に合わず。
そもそもひどい体調、へろへろとわが家に引き返す。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2019 岡村淳. All rights reserved.