移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2019年の日記  (最終更新日 : 2019/08/21)
5月10日(金)の記 絶望から希望へ

5月10日(金)の記 絶望から希望へ (2019/05/20) 絶望から希望へ
日本にて


上映と撮影、疲れがたまっている。
今日の午前中は少しゆっくりするか、と身辺をチェックして…
蒼白。
肝心なものが、見当たらない。
牛山純一御大のもとでやらかしたら、自死でもすまされない。

あらゆる可能性を考えて。
おっとり刀で、世田谷へ。
いやはや、一件落着。
自分のおごりと怠惰を猛省。

小田急沿線の駅前のモーニングサービスで仕切り直し。
今日はアート展のハシゴだ。

まずは表参道のファーガス・マカフリー東京の白髪一雄展。
https://bijutsutecho.com/exhibitions/3692
この立体感。
実物を見に来てよかった。
スタッフにもお話を聞かせていただく。
来週の鹿児島ミッションに備えての予習のつもりだったが、ビンゴ!
アートとはなにかを探る貴重なひと時。

ついで、八丁堀の nca にて、ヴィック・ムニーズ展。
https://www.nca-g.com/exhibition/2019/vik_muniz_vik_muniz/
ヴィックは、グローバルに活躍するブラジル人アーチスト。
なにをしでかしてくれるか、わからない楽しさがある。
今回も期待を裏切らない絶妙な作品をものしてくれた。
アートを見て僕が笑うのは、彼の作品ぐらいだろうか。
今回はコラージュだ。
だが、富山妙子さんのコラージュとは発想が真逆で面白い。

明日から旅が続く。
渋谷ヒカリエd47ミュージアムの『発酵』展も見ておく。
気になる書物を何冊か購入。

帰路、中目黒のカフェ、アンダー・ザ・マットさんへ。
西川啓さんがいる。
先週の反省と、今後を話す。
話せば、ますます共通項が出てくる。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2019 岡村淳. All rights reserved.