移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2019年の日記  (最終更新日 : 2019/08/21)
5月30日(木)の記 めぐる大陸

5月30日(木)の記 めぐる大陸 (2019/06/05) めぐる大陸
大韓民国→エチオピア→ブラジル


エチオピア航空の機内映画…
日本映画はいつも二本。

今回は以前にもかかっていた『寝ても覚めても』と、『万引き家族』!
他の映画を優先しよう。
そもそも今回は僕の座席のモニターの調子が悪い。
二度、客室乗務員にクレームしてなんとかなる。
英語でも「re-set」というのだな、こういう時は。

『オーストラリア』という165分の長編に挑戦。
うとうとしては、巻き戻し。
第2次大戦中の日本軍によるオーストラリアの攻撃がヴィジュアルに再現されていて、貴重。
このカッコイイ女優、ニコール・キッドマンに似ているなと思っていたら、本人だった。
(のちに調べて、彼女はオーストラリア人だと知る!)
アボリジンの混血の少年との友情というのもいい。
日本軍が、オーストラリアの国土に上陸してアボリジンを虐殺するシーンがあるが、さすがにこれはフィクション。
しかしもし「皇軍」が実際にオーストラリアに上陸していたら、これぐらいやりかねなかったろう。
オーストラリア軍の看護婦たちを皇軍兵士たちが強姦、虐殺したという現実の事件(バンカ島事件)は今年になってあらたな事実とともに報道されている。
日本、スゴイ!

そのほか『Father to Son』という日本ロケもした台湾映画、ブラジルのゴイアス州産の映画を見る。

エチオピア経由、ブラジルに無事到着。
家族のもとにたどり着く。
お疲れさまでした。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2019 岡村淳. All rights reserved.