移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2019年の日記  (最終更新日 : 2019/09/15)
6月12日(水)の記 勝手ちがえば

6月12日(水)の記 勝手ちがえば (2019/06/15) 勝手ちがえば
ブラジルにて


平日の午後、サンパウロ大学都市の近くの連れ合いの実家までクルマで約1時間。
遠めにカピヴァラの群れも見れた。

こちらの一族の老刀自の調子が思わしくない。
今日は僕が出向いて夕食をこさえて、お泊りすることになった。

小ぶりだが、冷凍のエビを買ってきた。
あんかけのヤキソバをつくりましょう。
勝手が違うと、なかなか。

こちらはNHKを受信している。
夕食後、しばし付き合う。
朝の連続ドラマと情報番組。
栃木県日光の「ゆば」とモヤシの話。
その前のニュースはSNSで指摘されている通り、安倍内閣大本営発表と忖度、および一億総白痴化になおも油を注ぐようなネタばかり。

ゆばづくりの行程は面白く、ゆばが栄養価で他の大豆製品を圧倒的に凌駕していることを知る。
して、なた状のゆばをすくった後の残りの大量の液はどうするのか?

モヤシ栽培に大量の水を使うのはわかった。
だが、どうしてそんなに大量の水が必要なのか?
使用後の水はどうしているのか?

そうした素朴な疑問はスルーされて話題は次々と変わっていく。
日本のテレビの摂取は、微量毒素程度で十分だな。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2019 岡村淳. All rights reserved.