移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2019年の日記  (最終更新日 : 2019/09/15)
6月17日(月)の記 撞球床屋

6月17日(月)の記 撞球床屋 (2019/06/18) 撞球床屋
ブラジルにて


さあ一日断食。
なんとか今日中で先週以来、手こずっていた次回訪日時に上映リクエストのあった2本の作品の新たな素材づくりを終えることが出来そうだ。

日中、散歩と運動をかねた買い物に出る。
地下鉄で一駅半ほど離れた卸売店に、料理用の白ワインと国産ラム酒を買いに行こう。
連れ合いの実家からもらってきたミントがさっそくわが家の小鉢で根付いてくれて、小粒ながら成長がよい。
ミントの合うアルコールは、ラムだな。
週末が楽しみ。

散歩と運動、そして探検も目的なので、やや遠回りしてしばらく歩いていない道を通ってみる。
なにがあるかわからないので、面白い。

気をつけてみると、けっこう散髪店があるものだ。
これまでサンパウロでは移民床屋の大塚さん、日本では目黒の実家周辺何軒かの格安床屋と決めていた。
しかし大塚さんを亡くして、その後に2度まで通ったサンパウロの理髪店では、剃刀傷を浴びせられて詫びもなかった。
このバーバーはこじゃれたバー風で気に入っていたのだが。

美容院ではない、男性相手のこじゃれたバーバーは他にも徒歩圏にいろいろある。
今日も新たに発見。
なんと一軒は入口に広いビリヤードスペースがあるではないか。
まあ僕は小遣いをもらっても玉突きなどしたいとは思わないが。

まだまだ奇想天外な理髪店がありそうだ。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2019 岡村淳. All rights reserved.