移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2019年の日記  (最終更新日 : 2019/09/15)
6月20日(木)の記 ヴォンゴレの夜

6月20日(木)の記 ヴォンゴレの夜 (2019/06/24) ヴォンゴレの夜
ブラジルにて


今日のブラジルは聖体祭の休日。
多くのブラジル人にとってはただの祭日だが、カトリック教徒はミサに預かるべき日。

今日は僕が連れ合いの実家に泊まりに行き、義母の夕食をつくることにした。
ビデオ編集をひとつ片づけようと追い込むが、タイムリミット。

当地は冬至を迎える時期で暗くなるのが早く、少しでも明るいうちに出たい。
義母の夕食時間も早い。

夕食は、こちらでヴォンゴレとよばれるアサリに似た貝の剥き身をトマトソースでからめたスパゲティとする。
実家の冷蔵庫にあった白菜をサラダにして。
あると思っていた料理用のワインが、ない。
が、思わぬ隠しワインにありつく。

夜11時過ぎ。
床に就いていた義母が、脈拍が急激にあがったという。
薬を服用、様子を見るが下がらない。
一族の医師の判断で、心臓専門の救急病院に連れていくことになった。
その大任は、最寄りに住む義弟が引き受けてくれることになった。

僕は実家でひとり留守番、連絡待ち。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2019 岡村淳. All rights reserved.