移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2019年の日記  (最終更新日 : 2019/09/15)
6月21日(金)の記 ジャパニーズブラジリアンスパニッシュオムレツ

6月21日(金)の記 ジャパニーズブラジリアンスパニッシュオムレツ (2019/06/24) ジャパニーズブラジリアンスパニッシュオムレツ
ブラジルにて


義母と義弟は午前5時、まだ真っ暗ななか実家に戻ってきた。
救急病院でいくつかの検査をして、義母の脈拍も落ち着き、入院には及ばないということになった由。
義母も義弟も、ふらふら。
義母は床に就き、義弟は帰宅。

僕は朝食後に失礼するつもりだったが、そうはいかなくなってきた。
日中の約束のキャンセルの連絡。
夕方、交代要員が来るまで付き添うことになった。

まさかのことに備えて随時、義母の寝室をうかがう。
NHK国際放送でも流そうかと思うが、義母の救急コールが聞こえないといけない。
あいにく今回はノートパソコンを持参しなかった。
佐野眞一さんの『甘粕正彦』を持参していたので、読み進める。

義母は午前10時過ぎにいったん目を覚まし、空腹を訴えるが、また眠ってしまった。
食糧のストックを検討して、スパニッシュオムレツをつくることにする。
そもそも、スパニッシュオムレツとは?
ジャガイモを加えて、具だくさんのオムレツを言うようだ。
うむ、われながら悪くない味。

義母は午後になって起床。
大事に至らず、なにより。

僕が御役御免になったのは、夕方のラッシュ時間。
そもそも実家至近の橋で未明に火災が生じて交通が混乱中の由。
橋下の住民の失火だという。
わが帰宅路は方向が逆、しかも昨日の休日を受けて今日も休みにしている学校や職場が多いようで。
ふだんの平日よりスムースに帰宅。

やれやれ。
昨日のやり残しの編集に着手。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2019 岡村淳. All rights reserved.