移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2019年の日記  (最終更新日 : 2019/09/15)
6月22日(土)の記 極北のマキズシ

6月22日(土)の記 極北のマキズシ (2019/06/24) 極北のマキズシ
ブラジルにて


夜はわが子と徒歩圏にある大衆料金のシュラスカリア:ブラジリアンバーベキュー店へ。
大衆料金といっても、土日祭日は平日よりひとりあたり10レアイス(約300円)高い。
それでも高級店の4分の一ぐらい。

サラダバーもいろいろあるが…
巻き寿司もある。
カタカナで呼んだ方がいいシロモノだ。

具は、どぶといニンジン。
シャリは、べっちょり。
ノリがひどい。
タタミイワシぐらいに粗く、色は褐色。
さすがに食指がまるで動かない。

話のタネにスマホ撮りして、フェイスブックにあげておこう。
べつにスシを食いにきたわけではないので、かまわないけど…

祖国日本の、エスニック料理の数々を想う。
ネイテヴの人には度しがたいモノも少なくないだろうな…

当地ではマズいニホンメシより、そこそこのブラジル料理がずっとよろしい。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2019 岡村淳. All rights reserved.