移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2019年の日記  (最終更新日 : 2019/09/15)
6月23日(日)の記 金柑食

6月23日(日)の記 金柑食 (2019/06/26) 金柑食
ブラジルにて


ああ、気が重い。
遠方での知人の法事に、運転手として出向くミッション。
サンパウロ市内の幹線道路にかかる橋が火事のため閉鎖中で、えらい回り道をしなければならない。

帰路は高速道路の料金所の先で事故、1時間近い渋滞。
お連れしたお年寄りから法事の説教が長い、渋滞がひどいとクレームが続き、いやはや。

香典返しのほかに、柑橘類のキンカンをいただいた。
恥ずかしながら、キンカンは虫よけに使うものぐらいと思っていた。
調べてみると、どうやら虫よけのキンカンは柑橘のキンカンとは関係がないようだ。

そのまま食べられるとブラジル生まれの家人から聞かされて、びっくり。
えらくすっぱいものかと思っていたが、甘いではないか。
果肉の部分がないに等しいのも驚き。
日本では南日本が主生産地で、エドツコの愚生がこれまで縁がなかったのもむべなるかな、とエクスキューズをみつける。

晩酌につかってみよう。
ブラジル産のラム酒にキンカンをスライスして寝かせて、トニックウオーターで割る。
いけます。
トロピカルな色合いと心地よい甘さ。

この年にして、しかも原産地から遠く離れて知る金柑の喜び。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2019 岡村淳. All rights reserved.