移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2019年の日記  (最終更新日 : 2019/12/08)
7月13日(土)の記 愛し、生きる園

7月13日(土)の記 愛し、生きる園 (2019/07/20) 愛し、生きる園
日本にて


いよいよ今回訪日中の上映プロジェクト最大のヤマ場。

国立ハンセン病療養施設・長島愛生園での『赤い大地の仲間たち フマニタス25年の歩み』の上映だ。
出発前まで、今日の挨拶等を慎重に練り練り。

これも奇遇だが、昨年の岡山市内上映の際に出会ったメンバーが長島でカフェをオープンしたばかりだった。
https://www.facebook.com/nagashima.ensemble/
日本のエーゲ海と呼ばれる絶景を眺めながら、過酷な歴史のあったこの島で。
上映発起人、入居者、拙作シンパらが集って談笑。
すばらしいカフェだ。

いざ、上映会場の日出会館へ。
入居者と介護のスタッフがメインの対象だが、発起人の友人知人らが岡山、鳥取、香川などから集まってくれた。
そしてなんと、ブラジルのアマゾン地域の日系施設で看護師として活躍していた僕の知人が家族連れで参加してくれた。
質疑応答の時間では、長老格の入居者お二人が、ご自身の体験と園の歩みについてたっぷり語ってくれた。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2019 岡村淳. All rights reserved.