移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2019年の日記  (最終更新日 : 2019/10/15)
7月26日(金)の記 散財都市

7月26日(金)の記 散財都市 (2019/08/01) 散財都市
日本にて


さあ離日までカウントダウンに入った。
今日はいっきにブンカ系をまわる。

まず午前中、渋谷で映画『新聞記者』へ。
主役を演じた韓国人女優、シム、・ウンギョンの演技とキャラクター。
すっかり身につまされる。
発するのはネイティヴな日本語ではない。
そこはアメリカ生まれで父は日本人、母は韓国人という設定がよく生きている。
かなり似た設定の若い女性が何人も身近にいる…

買い物、ワンコインのランチの後、半蔵門へ。
訪問には事前予約が必要な「戸嶋靖昌記念館」の企画展へ。
知人からぜひ鑑賞されたし、と案内をいただいていた。
故・戸嶋靖昌さんの油絵、そして歩みはすさまじい。
僕ごときにも丁寧に説明をしてくれるスタッフがいて、理解がかなり深まった。
入場無料でさらに資料類をいただいてしまうが、かつての目録を購入。

マンモスフラワー、ジュランもうだるお堀端を歩こう。
銀座8丁目の「月光荘サロン 月のはなれ」へ。
ビルの5階まで、アクセスは階段のみというのは、日本国史上最悪の総理へのソンタクとやらだろうか。
お世話になってきたアーチスト、こうのまきほさんの新作展を鑑賞。
流浪堂さんより展示点数が少ないが、相変わらず意表を突く楽しさがある。
サロンはすでにアルコールタイム。
時間調整も兼ねて、脱水状態でもあり、2杯いただいてしまう。

さて地元中目黒のライブハウス「楽屋」へ。
日本の知人のバンドとブラジルから訪日中のミュージシャン、へナート・ブラスさんの共演。
自前で鑑賞するつもりだったが、知人にご招待いただいてしまった。
それでも3時間近いイベントで、ドリンクをお代わりするといい値段になる。
ギター一本のヘナートさんのソロはすごかった。
かつてサンパウロで友情撮影させてもらったことがある。

いやはや、今日はトータルにするとそうとう散財してしまったぞ。
東京で文化を享受するにはカネがかかる…


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2019 岡村淳. All rights reserved.