移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2019年の日記  (最終更新日 : 2019/10/15)
7月30日(火)の記 酷暑よさらば

7月30日(火)の記 酷暑よさらば (2019/08/05) 酷暑よさらば
日本→大韓民国→


出ニッポン当日。
例によってあわただしい。
冷蔵庫の在庫も、なんとか処理(多くは僕の体内に収める)できそうだ。
開封した漬物類の残りはスーツケースに詰め込もう。

それにしても、遅ればせながら昨年をほうふつさせる酷暑がやってきた。
日本の人はこれからまだひと月以上、これに耐えなければならないのか。

今回はこれまで詰め込めなかった書籍もそこそこ荷物に格納した。
そのため、重くなる。
なんとかチェックインもできた。

ANAの国際線ラウンジは、あいかわらず日本酒を置いていない。
先回だけの間違いかと思ったが、確信犯のようだ。

そもそも空港スタッフもラウンジも、日本語がたどたどしい外国人スタッフが増えた。
なぜ日本酒がないのかを聞いてもややこしくなりそうで、やめておく。

おなじみエチオピア航空機。
まずは韓国の仁川まで。
横並び席ではアフロ系女性が該当便ではない搭乗券を持ち出して、ここは自分の席だと言い張る。
そこに座るべき韓国の青年二人は、礼をわきまえてここちよい。

チェックインカウンターの日本人スタッフとも、客層がなかなか強烈ですねえ、と話があった。
さてさて、うだる祖国よさようなら。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2019 岡村淳. All rights reserved.