移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2019年の日記  (最終更新日 : 2019/10/15)
8月1日(木)の記 アリラン峠とさがしもの

8月1日(木)の記 アリラン峠とさがしもの (2019/08/07) アリラン峠とさがしもの
ブラジルにて


今日は急ぎの用事だけはするが、あとは時差ぼけと疲労にまどろませてもらおう。
気になる/気ままな 読書。

『写真万葉録・筑豊』第9巻の「アリラン峠」。
富山妙子さんの大作『筑豊のアンダーグランド』と合わせて考えてみたい。

角田光代さんの『さがしもの』(新潮文庫)。
書店でオマケに夏風しおりがもらえる文庫本のなかから選んだ一冊。
これは拾いもの。

読んだ後、きっとあなたはこれまで以上に本のことが好きになっている。生きていると同じくらい、本と出会えてよかったと思うはずなのだ。
(岡崎武志さんの前提書の解説から)


午後、眠気を振り切って買い物へ。
思い切って夕食をこさえる。
牛フィレ肉をフンパツ、鉄板焼きで。
ご飯を土鍋で炊くが、家族からおいしいの声が複数。
ちょっと手間をかければ、よりおいしくいただけるのだな。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2019 岡村淳. All rights reserved.