移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2019年の日記  (最終更新日 : 2019/11/11)
8月7日(水)の記 訳ありの人

8月7日(水)の記 訳ありの人 (2019/08/13) 訳ありの人
ブラジルにて


長距離バスの出る都市まで、シスターたちが用事もあるので車で送ってくれるという。
それまでに、もう一度、パードレの滝に行ってみようか…
それはやめておいて、フマニタスの敷地内を散策。
ここで、僕にできそうなことについて考える。
急な都合により、佐々木神父も同乗。

バスターミナルで、日本の知人と待ち合わせをした。
もともと深くは知らない人なのだが、ブラジルに来て早々、彼の前職について口外しないようにと連絡があった。
今日もよく理解できない発言があるが、それがもともとの性格なのか、老齢によるものか不明。

長距離バスの窓側を予約していたが、ちゃっかりおばさんが座り込んで動こうとしない。
それどころか道中、バス備え付けの wi-fi についてどうしたらいいのかたびたび尋ねてくる。
こちらは持ち込み荷物を座席下に入れてみるが、それでも窮屈。

いやはや疲れた。
自分で運転することに比べたら、と思うが、どっこいどっこいの疲れな感じ。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2019 岡村淳. All rights reserved.