移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2019年の日記  (最終更新日 : 2019/11/19)
8月23日(金)の記 山芋の冬

8月23日(金)の記 山芋の冬 (2019/08/30) 山芋の冬
ブラジルにて


久しぶりにクルマを洗いに出そう。
ホコリがみっちりだ。

洗車場のあんちゃんは30分もあればという。
ということは、小一時間はかかるだろう。

さあその間どうするか。
最寄りのお気に入りのカフェに寄るか。
次回の旅に備えてカバン屋を見ているうちに、いい時間になった。
カフェは省略。
そうそう、夕食の買い物。
今朝、家族にお好み焼きをつくろうかと提案してあった。

まずは小麦粉。
メトロの駅前のスーパーをみるが、見当たらない。
店員に聞くと「ない」。
近くのオルガニック食材店で玄「小麦」粉を購入。

さてさて、ヤマイモがいるな。
いつものところから遠い。
最寄りの八百屋を思い出し、行ってみる。
見当たらないが、聞いてみる。

待つことしばし、出てきたのは2キロを超える巨塊だった。
これしかないという。
さすがに大きすぎる。

店を出て歩くことしばし。
これからクルマを戻してヤマイモの買い出しに行くと、そこそこにビデオ編集時間がそがれてしまう。
思い切って巨塊を買うか。

こちらではカラと呼ばれている。
調べてみると日本のヤマノイモと属は同じの Dioscorea のようだ。
ヤマノイモにはムカゴができるが、こちらには日本のジャガイモ大のムカゴもある。

さあヤマイモ使用のレシピを調べよう。
ソーセージやベーコンと炒めるのは体験済みだ。
ほう、ワサビ和えか。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2019 岡村淳. All rights reserved.