移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2019年の日記  (最終更新日 : 2019/12/08)
8月25日(日)の記 山掛の夜

8月25日(日)の記 山掛の夜 (2019/08/30) 山掛の夜
ブラジルにて


路上市の魚屋にて。
珍しくマグロを買ってみた。
切身がキロで邦貨2000円ぐらい、高値の魚である。
半キロぐらいのパックを買った。

目的は一昨日買った山芋の巨塊使用のため。
夜、山かけにしていただく。
一部は刺身にして。
焼き海苔も刻んで、薄口醤油で味付けして、チューブのワサビも混ぜ込んで。
よろしい。

日本の亡父はよくマグロの刺身を食べていたと記憶する。
外食では、刺身定食。
幼少時代の僕は、マグロの刺身を口にするとしばしば吐き気を催した。
口にしてすぐだったから、寄生虫などのせいではないだろう。

なぜだったろうと時おり考える。
鮮度のせいだったのだろうか?
思い出すと、吐き気までよみがえってきそうだ。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2019 岡村淳. All rights reserved.