移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2019年の日記  (最終更新日 : 2019/10/15)
9月7日(土)の記 ソレントの眼福、そして巡礼

9月7日(土)の記 ソレントの眼福、そして巡礼 (2019/09/14) ソレントの眼福、そして巡礼
イタリアにて


ソレントの朝。
昨晩のカテドラルで朝のミサにあずかる。
この堂内の宗教アートだけでもなかなか見ごたえがあって面白い。

スタッフのいない宿をチェックアウト。
荷物の置きようがないので、夫婦でごろごろと石畳の道を荷物を引きずりながら、もう一カ所に寄っていくことにする。
昨晩みたマザーテレサの写真を撮ったイタリア人の写真家Raffaele Cenentanoさんの別の展示が海岸を望む教会で開催されているのを知ったため。
http://www.raffaelecelentano.com/themes/italians/italians.htm

この人の写真のすごさは、みればわかる。
天分の才能、人柄、そして努力の三位一体のなせるワザを感じる。
(あとで検索してみたが、この人のことはほとんど日本語になっておらず、写真集らしいものもすぐに見当たらないのがオドロキ。)
一枚一枚がサプライズで、かつここちよい。

教会の付属らしい古建築の階上部分が、彼のギャラリーとされて展示スペースになっている。
屋外に出られるのだが、海に山に街並み、すばらしい。
そしてこのベランダのスペースに洗濯物が吊るしてあるではないか。
眼を刺す色の女性の下着類まで!
これが、あまりに「絵になって」いる。
https://www.instagram.com/p/B2JVr0rAYDJ/
ギャラリーの解説プレートの英語の部分をざっと読むと、どうやらこの洗濯ものもこの写真家のインスタレーションのようだ。
これにはいたくたまげた。
誰かの言葉の引用のようだったが、洗濯物はその建物の内なる人のアート表現、といった記載がされている。

イタリア到着後、みたところ中産階級クラスのアパートメントの衆目を浴びる屋外に洗濯ものが吊るしてあるのがけっこうふつうであることに驚いていた。
ブラジルでは、スラム化した建物などや田舎のお宅の中庭などをのぞいては洗濯ものが目に入ることはむずかしいと思う。
面白すぎる刺激。
日本でも屋外の洗濯物はけっこう目につくが、アート鑑賞どころかそれを意識しただけで変質者あつかいされてしまう。
こころの洗濯が必要だ、なんちゃって。

ソレントからふたたび電車でまずはナポリへ。
乗り合わせた老夫妻はイタリア系のアルゼンチン人だった。
スペイン語はイタリア語より僕にははるかにわかりやすいが、こまかいことになるとわからない。
いちいち聞き返すのもつかれるので、テキトーに相槌をうっておく。

いよいよ今回のイタリア巡礼旅行の肝(きも)に向かう。
サン・ジョヴァンニ・ロトンド。
カトリックの聖人とされたピオ神父ゆかりの地である。
連れ合いがナポリからここに行くバスがある(らしい)ことを調べていた。

ナポリのバスターミナルは鉄道の駅に隣接するのだが、なかなかわかりにくい。
しかもいつどこにどのバスが来るのか、混沌そのもの。
新宿バスタの混雑、味気なさもイヤだけど。

遅延のしらせもないまま、めざすバスは30分遅れで到着。
とにかく乗れた。
3時間ほどの乗車で、イタリアの長靴を西から東へ縦断する。
山々を縫って大平原へ。
そのかなたの乾ききった岩山をのぼっていく。
ブラジルのローシャ監督の世界をほうふつさせる。

いやはや、こんな岩山の上にこれだけの町があるとは。
まだ先まで行くバスを降りると、雨。
連れ合いがこれから2泊するB&Bにメッセージを送ると、迎えに来てくれるという。
遅れたら追加料金50ユーロという宿との落差に目まいがしそうだ。
僕あたりからみれば若者の、なんとも人のよさそうなイタリア人男性が車で迎えに来てくれた。

宿の名前のイタリア語は「小赤」。
小鳥の名前だという。
調べてみると、ヨーロッパコマドリという和名があった。
昨年オープンしたというこの宿は来月、挙式をあげるという若いカップルの経営。

ひなびた田舎の村を勝手に想像していたが、大巡礼タウンといった感じだ。
聖ピオのサンクチュアリまではここから徒歩15分ぐらいある由。
レストランなどのある市街は逆の方向にやはり15分ぐらいかかるようだ。

ここは岩山の台地の上だが、アドリア海が至近だ。
海のものが食べたいが、格好のレストランは英語が通じないという。
もう一軒はワインは200種以上あったが、海幸はなく、お肉とパスタをいただく。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2019 岡村淳. All rights reserved.