移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2019年の日記  (最終更新日 : 2019/11/11)
10月6日(日)の記 水戸の巻柏

10月6日(日)の記 水戸の巻柏 (2019/10/15) 水戸の巻柏
日本にて


午前中に出家。
鈍行列車で、水戸に向かう。
移動中ひたすら惰眠をとり、身心を少しでも休める。

夕方からの上映の前に、水戸のシンパの方がどこかご案内しましょうと申し出てくれた。
お言葉に甘えて水戸市植物園に連れて行ってもらう。
車でないとアクセスのむずかしいところ。

ここの温室に僕になじみのないブラジルの果樹があると聞いていた。
しかしなんと、温室は改装工事で閉鎖中。
人もいないのでのぞいてみるが、件の果樹はどれだかわからない。

別のスペースで、イワヒバの展示会をやっていた。
水戸のイワヒバ愛好会の会長さんがいろいろ教えてくれた。
イワヒバのことをよく考えたこともなかったが、シダの仲間とな。
古典園芸植物で「巻柏」と書く由。

夕方からの手打ち蕎麦処「にのまえ」さんの上映では、キツネをめぐって盛り上がる。
お店にキツネそばはないけれども。
なぜないか、と問うと、「おいしい揚げの入手がむずかしいから」とのこと。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2019 岡村淳. All rights reserved.