移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2019年の日記  (最終更新日 : 2019/11/11)
10月9日(水)の記 佐市さん 一美さん

10月9日(水)の記 佐市さん 一美さん (2019/10/16) 佐市さん 一美さん
日本にて


始発のバスで目黒駅へ。
品川駅で ひかり号を待つ。
新大阪駅まで惰眠をとるが、まだ疲れが抜けない。

九州新幹線さくら号に乗り換えて、鹿児島に近づいてからようやく少しは疲れが抜けた感じ。
鹿児島中央駅に愛竹家の橋口さんが迎えに来てくれる。

5月に鹿児島で撮影した素材を『いいと思います 中馬一美さんのおえかき』と題してまとめてみた。
http://www.100nen.com.br/ja/okajun/000050/20191016014836.cfm?j=1
それを関係者にご覧いただくのが今回の鹿児島ミッション。

まずは主人公の一美さんと再会させてもらう。
ビデオカメラを出さずに、非武装で。

プライベートな上映だが、桜島を望むホテルの部屋を会場としてとっていただいた。
桜島を拝し、『郷愁は夢のなかで』の西佐市さんを想わでいられない。

作品はオッケーをいただき、それぞれが撮影の時を思い出していたようだ。
気鋭のアーチスト、一美さんの思わぬバックグラウンドも教えてもらった。
ひとつミッションを終えた。

さあこの作品、関係者の方々以外にはどのようにご覧いただけるだろう?


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2019 岡村淳. All rights reserved.