移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2019年の日記  (最終更新日 : 2019/11/11)
10月19日(土)の記 「斎藤芽生とフローラの神殿」

10月19日(土)の記 「斎藤芽生とフローラの神殿」 (2019/10/27) 「斎藤芽生とフローラの神殿」
日本にて


午後、なんとかブツ撮りを終えられそうだ。
日本の実家にほぼ三日間もこもって作業というのはめんずらしいこと。
実家近くは工事があり、振動で撮影が妨げられるほど。

地元めぐろで気になる展示がある。
目利きの友人からも推薦のメッセージをもらった。
まだ間に合うな、行ってみるか。
「斎藤芽生とフローラの殿堂」。
https://mmat.jp/exhibition/archive/2019/20191012-65.html

幼少期に過ごした東京近郊の団地と植物画フェチのみごとな融合と開花結実だ。
彼女が日常撮りためているスナップ写真を動画でまとめたものがふたつ流されているが、これが絶妙。
僕と嗜好、嗅覚がかなり共通するようだ。

それにしても20分以上の動画を流していて、椅子を置いていないとは。
かたや別の部屋では老人の監視員が椅子に座りこみ、体を斜めにして深く眠りこけている。
誰のための展示か。
このことはアンケートにも書いたけど。

思い切って安くはない目録も購入。
帰路、中目黒のカフェ、アンダーザマットさんに寄ろう。
先方のウエブサイトもチェックしたが、今宵は特別のイベントもないようだ。
行ってみると、今晩は貸し切りイベントとの掲示が。
カフェに行くのに電話で営業を確認するのも…
そもそも僕が日本で使用しているプリペイド電話は、通話料が6秒10円もとられるのだ。

実家に戻るか。
昨晩、千代の湯さんに台湾でもらった石鹸入れセットを忘れてきてしまった。
ふたたび入湯、今日も炭酸泉に浸かって足の具合をみてみよう。


 


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2019 岡村淳. All rights reserved.