移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2019年の日記  (最終更新日 : 2019/11/11)
10月23日(水)の記 ブラジル入国異変

10月23日(水)の記 ブラジル入国異変 (2019/11/02) ブラジル入国異変
→ブラジル


成田を出て仁川トランジット、アジスアベバに向かう間、ひたすら疲れ切っていた。
アジスアベバあたりから、少し体が楽になってきた。
天国が近づいたからか。

さあサンパウロに到着。
入国審査。
これまで僕のようなブラジル永住者はブラジル人側のラインにつくことがオッケーだった。
しかし係員が旅行者側に行けという。

さらに審査のボックスに行く前に目つきの鋭い係員が個々のパスポートをチェック。
ポルトガル語がしゃべれるかを確認して、アフリカン、チャイニーズを別室審査に送っている。
ひやひや。
僕のポ語は及第点だったようだ。

荷物検査も無罪放免、ヤッホー。
好事魔多し。
今回はフンパツして、よく知るタクシー運転手を頼んでみた。
交通渋滞であと4-50分かかる由。
待つか。

とにかく、ぶじ我が家と家族のもとに帰る。
ここでごろりとするゴールを待ち続けていた。

 


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2019 岡村淳. All rights reserved.