移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2019年の日記  (最終更新日 : 2020/01/06)
11月13日(水)の記 サンパウロでミュシャ修行

11月13日(水)の記 サンパウロでミュシャ修行 (2019/11/18) サンパウロでミュシャ修行
ブラジルにて


ビデオ編集の追い込み中なれど…
パウリスタ地区の旅行代理店に出る。
こころも追い込まれているが、せっかくのついでなので…
近くのFIESP文化センターのミュシャ展を見る。

なんたってタダ、しかも列なし。
ウエストポーチも受付に預けなければいけないけど。
これは見といてよかった!
https://www.instagram.com/p/B5C9LoXAVXH/

ミュシャの絵には日本の学生時代からなじんでいたと思う。
かといって積極的に知ろう、求めようというレベルには至っていなかった。
広告と作品の両立の成功例をヴィジュアルに伝えてくれる。

作品を概観していくと、ミュシャは外見がキレイな女性ばかりを描いていたわけではないことがわかる。
https://www.instagram.com/p/B5C9wvXAdc-/
児童の鑑賞禁止の部屋があり、のぞいてみると彼が撮った裸の女性の写真など。
そして今日の世界各地のアーチストにミュシャ嗜好がうかがえることもヴィジュアルに展示している。
ミュシャ本人も、この展示も、ナイスである。

なんだか自分をゆたかにしてもらった思い。
これがアートのちからか。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 岡村淳. All rights reserved.