移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2019年の日記  (最終更新日 : 2020/01/06)
11月14日(木)の記 キューバしのぎとアイフォン王

11月14日(木)の記 キューバしのぎとアイフォン王 (2019/11/18) キューバしのぎとアイフォン王
ブラジルにて


次回訪日が迫る。
されど日本で上映する作品の素材焼きまでまだ至っていない段階。

それでも避けられない外出を、午後から。
まずはスマホのバッテリー交換。
この分野に僕は疎い…

2年数か月前に、こちらの親類から買い替えるとのことで譲り受けたもの。
小さすぎるのがちと問題だが、機能的には使いこなせないほど。
だがバッテリーの消耗が激しくなってきた。
フル充電後、数時間:長編映画1本強、ぐらいでアウト。

本体ごと買い替えるしかないとも言われるが…
サンパウロのいわばアキバ地区にある、直訳すると「アイフォンキング」というところに行ってみたらという家人の意見。
ようやく行ってみることにした。
このあたりに詳しい友人から「危ない」と脅されながら…

うむ、メトロの駅からソコソコ歩くな。
「お茶の水橋」を渡って‥
ごちゃつく一帯からは意外な、ビルのなかの上階。
オフィス内は気の利いた外資系の銀行、といった感じ。
さして人もおらず、すぐにアテンド。

邦貨にして3500円弱でチェンジOK、一年の保証付き。
スタッフが換えてくれるのを見るが、これは僕の手には負えないな。
なんと店内にはそこいらの店ぐらいのスペースのカフェまであるではないか。

そろそろ夕方のラッシュ。
なんだかキューバリブレが飲みたい。
荷物もあるし、そこそこ疲れたが…
メトロをひとつ前の駅で降りて、ブラジル国産のラムとペプシコーラを買う。
わがアパートの鉢植えで繁茂するミントを添えて、ヴィヴァ!


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 岡村淳. All rights reserved.