移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2019年の日記  (最終更新日 : 2020/01/06)
11月16日(土)の記 「時空をかける少女」

11月16日(土)の記 「時空をかける少女」 (2019/11/19) 「時空をかける少女」
ブラジルにて


ブラジルは三連休の中日。
おかげさまでビデオ編集のピンチは切り抜けたようで、DVD焼き作業をすすめる。
先回、訪日時の上映に来てくれた方々への御礼メール送りも並行して。
さっそく返しをくださる方もいる。
なかなか追いつかないウエブ日記の更新、遅れがちな今度の訪日時の上映情報のアップも。

次回訪日のメインは11月30日、東京大学東洋文化研究所での拙作披露だ。
画家の富山妙子さんに寄り添って紡いだ記録のなかから、時局を考慮してチョイスした作品群を上映していただくことになった。
そのイベントのタイトルは、僕もお気に入りの「時空をかける少女 画家・富山妙子を撮る」にしてもらった。

まずあの『時をかける少女』にかけているのだが、誰でも考えそうなタイトルかなと思って検索してみると…
まるでヒットなし。
ホッ。
「少女」にも重層の意味をかけているが、「妙子」の「妙」の字にもちなんでいる。
オンライン上映告知のヒット数もいい感じだ。
さあどのようにご覧いただけるか。

昼はスープから醤油ラーメンをつくって好評。
麺はブラジル製の生ラーメンを買ってきた。
たしかに、ヘタなこちらのラーメン屋よりよろし。

夜は冷ゴハンを用いてエビのリゾット。
ポロネギを入れてみた。
これも悪くなし。
冷蔵庫も少し片付く。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 岡村淳. All rights reserved.