移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2019年の日記  (最終更新日 : 2020/01/06)
12月7日(土)の記 長島のさざなみ

12月7日(土)の記 長島のさざなみ (2019/12/21) 長島のさざなみ
日本にて


岡山のシンパの赤木さんが今日のためにレンタカーを借りてくれた。
赤木号で長島に向かう。

ああ、岡山長島さざなみハウスでの拙作上映がかなう。
長島愛生園の入居者の方々と一般の方々にともに拙作を鑑賞していただく、という僕の理想が実現する。
モーニングサービス時間中に到着。
こちらのモーニングは、午前中。
カフェを切り盛りする槍屋さんと再会。

赤木さんと窓辺:海側でカフェをいただきながら、まずはまったり。
会場設営。
ううむ、海側の外光がじゅうぶんに遮断できない。
慣れてもらうしかないか。

今日は僕のチョイスで『ブラジル移民のひとり芝居』と『60年目の東京物語』を上映。
来場者からの質疑応答、絶えず。

幕間に後方のソファに座っている入居者の方々のところに。
かつて入居者たちで歌舞伎を上演した思い出などを聴かせていただく。
当時は会館の舞台が両側にあり、ハンセン病患者とそれ以外の人たちの演じる舞台が分けられていたという。

岡山駅方面に戻る方々といっしょに、赤木号で岡山市内へ。
赤木さん、鑓屋さんと楽しく会食。
そのあとにつれていっていただいたバーが絶品だった。
店の名はバーコントワール。
https://okayama.keizai.biz/headline/765/?fbclid=IwAR0CQJ_ijyXTy1O5e4ttElArxHUrOWBESo3vShOMN3FPzK6hziFUuY2WJrs
マスターにお任せしたカクテル、絶妙!
赤木さんのおすすめは、まず間違いがない。

いい気分で岡山駅。
寝台特急サンライズの入線を待つ。
久しぶりにこれの指定が取れた。

 


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 岡村淳. All rights reserved.