移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2019年の日記  (最終更新日 : 2020/01/06)
12月11日(水)の記 2019年上映おさめ

12月11日(水)の記 2019年上映おさめ (2019/12/24) 2019年上映おさめ
日本にて


朝、まずは世田谷の富山妙子さんのところに暇乞いに。
いつのまにかお宅が停電になっていることに気づく。
イヤハヤ。
停電のまま、齢98歳の車椅子生活の人をひとりで置いていくわけにもいかない。

今日は午後から地元目黒での上映の準備、その前に渋谷での買い物も予定していた。
さあどうしよう。
近所の様子をうかがうと、どうやら停電はこのお宅だけのようだ。
聞き込みを続けているうちにお宅の配電盤の位置がわかる。
そっちの方にうとい僕でも解決できるレベルの停電だった。
なぜブレーカーが切れたのかは、ナゾ。

いつになく富山さんにしっかりと手を握られる。
僕がお宅を出た後も窓から見送ってくれて「さようなら」と大きな声を出された。
今までの暇乞いでは、なかったこと。

渋谷での買い物のあと、実家に戻って上映の機材、備品の準備。
流浪堂さんには有志が上映の準備のサポートに来てくれていて、ありがたい限り。
今日は2階の広い会場。
まさしく一期一会の集い。
上京中の大阪のシンパも来てくれた。
『富山妙子 韓国のスケッチ』と『いいと思います 中馬一美さんのおえかき』の2本を上映。
刺激的なコメントをいくつもちょうだいした。

『いいと思います』が幸せな家族の記録、と見ていただく理由がわかってきた。
世の母と娘には、コミュニケーションを欠くどころか憎しみに近い感情を持つ場合もあることを教えてもらう。

最安1980yenからという、しゃぶしゃぶチェーンを懇親会場としてみた。
これがなかなか面白く、参加者にも好評。
今年もありがとうございました。


  


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 岡村淳. All rights reserved.