移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2019年の日記  (最終更新日 : 2020/01/06)
12月24日(火)の記 決死のクリスマスイブ

12月24日(火)の記 決死のクリスマスイブ (2020/01/02) 決死のクリスマスイブ
ブラジルにて


夕方より連れ合いの実家に親族が集ってのクリスマスイブの晩餐会。
クルマで行くとなると…

近年のサンパウロの飲酒運転の罰則の厳しさは日本どころではないといわれている。
連れ合いの知人は検問に引っかかり、正直に数時間前にアルコールを軽く飲んだと告げるとアルコール度数の検査なしに検挙されたとのこと。
外国旅行の飛行機代ほどの罰金と一年間の免許停止を喰らった由。

くわばらくわばら。
アルコールをあきらめるか。
あるいは到着後、さっそく「軽く」飲んであとはすっかり冷ますか…

まだ食事が始まる前、もうワインはこれっきりと決意した後に、異国から来たキライではない親類になみなみと注がれてしまった。
妻子も今になって警察の取り締まりはクリスマスの乾杯のあと、0時過ぎからだと言い出した。
こちらは日系家族なので、そんなに遅くまでどんちゃんやるつもりはない。

かるく仮眠。
まだ24日のうちに、交通量の緩い街を運転。
この時期は交通量が少ないのはいいが、クレイジーな運転をするのがチラホラ、これがヤバい。

いやはや、無事に帰宅。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 岡村淳. All rights reserved.