移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2020年の日記  (最終更新日 : 2020/02/18)
1月18日(土)の記 「夢と知りせば」新聞発行秘話

1月18日(土)の記 「夢と知りせば」新聞発行秘話 (2020/01/27) 「夢と知りせば」新聞発行秘話
日本にて


さあ、8日間の特集上映で毎日、会場で配るつもりの新聞の作成。
二日前から準備を進めて、昨晩もいくつかの見出しともに記事を書き出していた。

今朝4時台に起床、どれも書き直すことにした。
ワード横書き、12ポイントの文字で2ページ分。
手元にプリンターがないので、まずPDFに変換。
これをコンビニでまずA42枚にプリントアウト。
それを2枚並べてA3一枚にコピーという段取りだ。

今回はアンケート用紙も僕がつくることになる。
以前、使用した手書きのものを加筆コラージュするが、これに手間取る。

開会2時間前に入廊。
まずは近くのコンビニでコピー作戦。
100枚単位なので、時間もかかる。
上映協力スタッフらが来場。
さあ、まつりのはじまりだ。

改訂版『郷愁は夢のなかで』初上映。
映写事故がなくてなにより。
あわただしく、ゲストにお招きした石原燃さんとの対談。
石原さんと気ごころが知れていて、ありがたい。

さしてまもなく『赤い大地の仲間たち』上映、続いて『パタゴニア 風に戦ぐ花』。
初日そうそう、コンデンスミルクの濃厚さ。

懇親会はおなじみ江古田駅前「同心房」。
休憩時間が少なく、連続鑑賞の人は食事の寸暇もなかったとのクレームありとのこと。
確かに。
明日の新聞の構想を浮かべつつ、実家戻りは午前1時。


  


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 岡村淳. All rights reserved.