移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2020年の日記  (最終更新日 : 2020/07/10)
3月2日(月)の記 旅のおわりのはじまり

3月2日(月)の記 旅のおわりのはじまり (2020/03/16) 旅のおわりのはじまり
ブラジルにて


マットグロッソからの帰りの長距離バスは、行きとは違う会社。
こっちには電源がないではないか。
よく見ると、後方の片方の荷物棚に共用のコンセントがあったけど。

途中の食事休憩のサービスエリアで。
教養とは縁のなさそうな若い男が「あんた、ナニ人?」とぶしつけに聞いてくる。
「30年以上こっちに住んでいる日本人だよ」
「ウイルス持ちのの中国人じゃないのか?」
理詰めで通じる相手ではないのがわかる。

先月末からブラジルでも新型ウイルスの発病者が現われ始めた。
僕の把握している時点では、いずれもイタリア帰りの人だ。
昨日のロンドノポリスの教会のミサでも、教会のなにかの会員らしい老女から嫌悪のまなざしを浴びせられたと僕は思っている。
このあたりでは東洋系はまれで、見た目がわかりやすいので差別しやすい存在だ。

ちなみにサンパウロの薬局ではすでに品切れのマスクを今度の道中で探してみた。
いずれの薬局も品切れだった。
今回の旅でマスク着用の人はひとりも見ていないのだが。

バスは予定より2時間ほど遅れてサンパウロに到着。
さあ次回訪日まで秒読みだ。


  


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 岡村淳. All rights reserved.