移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2020年の日記  (最終更新日 : 2020/06/04)
3月11日(水)の記 3.11 被爆と被曝 人のふり見て

3月11日(水)の記 3.11 被爆と被曝 人のふり見て (2020/03/21) 3.11 被爆と被曝 人のふり見て
日本にて


今年も3月11日を日本で過ごす。
そして去年と同じコースをまわる。

まずは世田谷在住の画家、富山妙子さんのお宅に。
新型ウイルス流行の折、ご高齢の方を訪ねるのに躊躇があるが、うかがうことにした。
お元気そうで、まずは安心。

ついで江古田のギャラリー古藤へ。
江古田映画祭開催中。
関係者の皆さんにあいさつ。
ここで知り合った監督の作品を見る。

京都大学の小出裕章先生にインタビューできるまでの苦労がつづられる。
小出先生のインタビューに字幕が出るが、僕の記憶では「被爆」が二回、「被曝」が一回。
確信的に使い分けているのだろうか?
監督に聞くと、ただのまちがいとのこと。

2011年に制作した自主映画で、あらたに福島原発問題に特化した映画祭での上映でも修正には及ばず、だったのか。
人のふり見て、我が振り直さねば。

  


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 岡村淳. All rights reserved.