移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2020年の日記  (最終更新日 : 2020/06/03)
3月29日(日)の記 サンパウロのサバ

3月29日(日)の記 サンパウロのサバ (2020/04/06) サンパウロのサバ
ブラジルにて


先週まで、この7月にオリンピックを開催するつもりだった東京をかろうじて脱出。
わがサンパウロ州は花見ボケの東京と異なり、都市封鎖が行われている。

市民の食生活を支える路上市は開催されるらしい。
至近の日曜の路上市、やっていた。
ありがたい。
通常の3分の2程度の出店。

売り子のマスク姿はまれだが、買い物客はマスクがちらほら。
3軒の魚屋、そしてオルガニック野菜屋は営まれていて、ヤッホー。
アジにサバ、ブロッコリーにパプリカ、パイナップル。
値段は僕が今月上旬にブラジルを去る前とさほど変わっていない。

昼はさっそく台所に立つ。
日本で買ってきた粉末寿司飯のもとを使って寿司飯をつくってみる。
よく新大阪駅のコンビニで買うようなサバ飯をこさえてみようか。
サバをおろしてほぐし、薄口しょうゆとみりんで味付けをしていためる。
炒り卵に紅ショウガ、あおさのり。

うむ、サバはおいしくできたが寿司飯がイマイチ。
自分で寿司酢を調合するべきだった。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 岡村淳. All rights reserved.