移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2020年の日記  (最終更新日 : 2020/06/03)
4月10日(金)の記 聖金曜日のKIMKIM

4月10日(金)の記 聖金曜日のKIMKIM (2020/04/12) 聖金曜日のKIMKIM
ブラジルにて


今日のブラジルは、キリスト受難の休日。
およそ2000年前に中東でイエス・キリストが十字架に付けられて絶命したことにちなむ。

フェイスブックに思わぬ人の名前が「知り合いかも」と表示された。
およそ3年半に亡くなられたブラジル音楽家のKIMKIMこと木村浩介さん関係の人。
音信がなくなり、どうされていたか案じていた。

先方のページを訪ねてみると、木村さんが亡くなる前年から更新されていないようだ。
亡くなられた木村さんのページはまだ存在するのだろうか?

アクセスしてみてびっくり。
つい最近まで書き込みが続けられている。
木村さんの誕生日には、木村さんが他界したことを承知でポルトガル語、日本語で彼を慕うメッセージが書き込まれている。
さすがに本人からの没後の書き込みは見当たらない…

本人が亡くなった後のこうしたSNSのページがどうなるのか、気持ち悪い思いを抱いていた。
こうした故人を偲び続ける役割があることを知る。
本人亡きあとも生者のつながりができるきっかけにもなるというもの。

それにしても木村さんは不思議な人だった。
没後の彼をめぐる最近の不思議な話が、イニシャル表記だが西荻窪APAPRECIDAの経営者Willie Whopperさんの実録エッセイの好著『Brasileiramente』で紹介されている。
https://barzinho-aparecida.stores.jp/items/5e842fb4e20b0452778fc11d


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 岡村淳. All rights reserved.