移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2020年の日記  (最終更新日 : 2020/06/04)
4月12日(日)の記 復活の腹痛

4月12日(日)の記 復活の腹痛 (2020/04/13) 復活の腹痛
ブラジルにて


今日は、イースター。
わが家のテレビにYouTubeが映るように設定して、サンパウロ時間午前6時から始まるヴァチカンのミサにあずかろうという計画。

僕は夜中から右腹に痛みを感じる。
この時期に盲腸炎で入院かよ、などと悪い可能性をシミュレーション。

身近な主治医によると、盲腸炎の場合は胃のあたりから痛みがおりてくるという。
そもそも、こらえきれないほどの痛みではない。
三日におよぶ断食の影響かも。
テレビミサは欠席。

痛みは聞かれなければ忘れているほどになり、日曜の路上市に買い出し。

午後、こちらの一族の用事でクルマを運転。
連れ合いの実家まで、通常の半分の時間。
こちらで道路が日中でもガラガラなのはクリスマスの当日と元旦ぐらい。
それ以上のガラガラ。

通常は慎重というより臆病な運転である。
今日は制限速度90キロいっぱい、追い越し車線へ。
寺尾聡の曲が自然と出てきた。

のちに調べると鼻歌の元歌は『シャドー・シティ』。
かつて日本のクルマの宣伝にでも使われていたのかな。
さらに調べると、ビンゴ。
タイヤのCMか。
ほう、ボサノババージョンもあるのか。
CMの刷り込みはたいしたものだ。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 岡村淳. All rights reserved.