移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2020年の日記  (最終更新日 : 2020/05/29)
4月24日(金)の記 103番の男

4月24日(金)の記 103番の男 (2020/04/25) 103番の男
ブラジルにて


今回、ブラジルに生還して最初の買い出しの時。
家人からコーヒー用のペーパーフィルターを頼まれる。
「102番」との指定。

近くのスーパーに行くと、103番のもの一種類しかなかった。
103番の方が大きいが、大は小を兼ねる。
ないよりは、ましか。

使ってみると、たしかに二回りぐらいは大きいな。
折って使うが、もったいない感あり。

わが家の102番の在庫がそこそこあり、まずはそちらを使って、まだ足りていた。
さて、当地でもコロナ禍は右上がりのデータ。
諸々の情報もじゃんじゃん入ってくる。

マスクのフィルターにコーヒーの紙フィルターを代用との報を知る。
僕は日本から持参した2種の手作り布マスクを交互に使っている。
内側に紙ナプキンをあてていた。

コーヒーのフィルターを使ってみるか。
102番だと日本のアベノマスクのように口と鼻まわりを十分にカバーできない。
103番は、のりしろぐらいの余白があってちょうどいい。
折り重なっているので、一枚のフィルターが二枚に使える。
悪くない感じ。

今日もコーヒーフィルターを使おう。
エレベーターを使わず、階段で降りるとコーヒーの香りが。
まさか、未使用のフィルターから?
アパートのどこかのお宅でカフェを淹れているのだろう。

コーヒーを淹れた後のフィルターを洗ってマスクのフィルターに使用は可能か。
コーヒー好きにはこたえられないかも。
ウイルスキラーとか、コーヒーかすに意外な効用でもあれば。

ちなみに調べてみると、日本でもメーカーによっては102番、103番の呼称を使うようだ。
102番は2-4杯用、103番は4-6杯用の由。
番号と寸法はまちまちだという。
渋谷のTOKYUは、109番サイズか。
路上の不審死体を見かけたら、110番(日本限定)。

  


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 岡村淳. All rights reserved.