移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2020年の日記  (最終更新日 : 2020/06/03)
4月25日(土)の記 サンパウロの生うどん

4月25日(土)の記 サンパウロの生うどん (2020/04/25) サンパウロの生うどん
ブラジルにて


昨夕から、プライベートの所用でこちらの親類宅に。
夕食をこしらえて一泊。

午前中に帰宅。
サンパウロの道路事情が、いつもクリスマスや元旦並みに空いてくれればと夢想していた。
それがこんな形で現実になるとは。
今日も通常モードの半分ぐらいの時間で戻れた。

とにかく外出の数を減らさねば。
ガレージにクルマを置いて、その足で買い物へ。

昼は冷やし中華をつくろうと考えていた。
生めんと、日本キュウリ(こちらにはざっくり2種類のキュウリあり)を買えばいいか。

冷やし中華用には、こちら製の「生ラーメン」より「ヤキソバ」用として売られている平べったい生めんの方がよさそうに思う。
が、なじみの日本食材店「円満」には両方とも在庫がなかった。

もう一軒の「シアワセ」に行く。
こちらには、ブラジル製の生うどんがあった。
これにするか。
サラダうどんか、冷やしうどんか、焼きうどんか…

帰宅後まずは汁づくり。
日本でいただいた本格的なダシのもとがある。
醤油はブラジル製で。
冷やしうどんにしよう。
思えば、わが家にもまだ乾麺のうどんがいくつもあった。
まあ、ナマはまたひと味違う。

家族でいただいた後の残りを、酢醤油でいただく。
これがまたよろしい。
うどんを酢醤油で食べるのは、横浜の弘明寺のうどん屋で教わった。
島根風、と言われた覚えがあるのだが。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 岡村淳. All rights reserved.