移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2020年の日記  (最終更新日 : 2020/06/03)
5月17日(日)の記 アジ三題

5月17日(日)の記 アジ三題 (2020/05/17) アジ三題
ブラジルにて


今日は家族からの頼まれものもあり、晴れて外出して買い物。
日曜の路上市へ。
家族用の布マスク、これまで2度ほど買ったおばちゃんが見当たらない。
しかたがない、用品一般の出店で買う。
すでに市内はこうしたマスクは供給過多な感あり。
こちらも柄やつくり、値段を選べるようになった。
マスクは帽子、メガネフレームなどと同様にすでにオシャレや自己主張のアイテムにもなってきた。
これという柄があれば、日本の友人知人用の手軽な土産として買っておくようにしている。

さて、魚屋さん。
サワラをすすめられるが、いまイチ乗れない。
小ぶりのアジを2尾、買うことにした。
もう10年来のなじみのあんちゃんだが、こちらが刺身用の魚を求めていること以上は覚えないようだ。
おろしてもらう際、皮ははいで、アラはもらうといつも言っているのだが、これを覚えてくれない。
いちいち言うのもナニかなと思って控えると、アラをよこさない。
アジはナメロウにするためにも、ぜひ中骨も欲しい。
さばき担当は取り込んでいるため、ゴミにまわされたアラをピックアップしてもらうのにだいぶ待たされる。

夕食用に、アジをどうするか。
まず半分ほど、塩こうじを塗りこんで。
これは焼き魚に。

そのあとで、ナメロウ用にそぎ落とし。
冷凍してあったミョウガがもうないようだ。
その分、年代物のいただきもののシソのお手製ユカリをまぶせて。
シソのふりかけイコールゆかり、としていいのか微妙かな。

あとは自家製塩レモンのカルパッチョで。
これも悪くない。

3種のアジを堪能しました。

  


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 岡村淳. All rights reserved.