移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2020年の日記  (最終更新日 : 2020/08/07)
6月22日(月)の記 ローラー作戦

6月22日(月)の記 ローラー作戦 (2020/06/22) ローラー作戦
ブラジルにて


さあ月曜日だ、一日断食をしよう。
それにしてもコロナ自粛期間は断食の行には格好と思うのだが…
寡聞にしてこの時期に断食を、といった記載は目につかない。
他人様のことだから、わざわざ調べてみようとも思わないけど。

口実もあるので、日中、買い物外出。
さあ今日のグラフィティ採集撮影はどうしよう。
未踏地区も歩いて、けっきょく歩留まり候補にしていた道具の絵を撮る。
https://www.instagram.com/p/CBvd_m_gaT2/

このペンキを塗るロールの道具は、なんと呼ぶのだろう?
日本語でもポルトガル語でも出てこない。
キーワードから検索して、日本語は「ローラー」だと知る。

大通りを隔てた近くに、このローラーを持っている人物のグラフィティも描かれている。
想えば、主にブラジル各地でそこそこの岩面画遺跡を見てきた。
恩師の故・木村重信先生の著作などで世界各地の岩絵の画像も拝してきた。
人物がなにかをしているシーンを描いたものは少なくない。
しかし岩絵そのものを描いているシーンや、岩絵作成に用いた道具を描いたとみられるものは、これも寡聞にして知らない。

絵画そのものでは作者自身の描き込みは、枚挙にいとまがなさそうだ。
ちょうど僕自身がまとめている富山妙子さんのスケッチ画の映像に、こんな想いをこめてみようかと今日、思いついたところ。

夕方から約四半世紀前に書いたエッセイの取り込み作業。
「和風インディー・ジョーンズを探して」という元のタイトル。
http://www.100nen.com.br/ja/okajun/000258/20200622015380.cfm?j=1
これもウンチク、こぼれ話の書き足しだけで何本かいけそうなぐらいだ。
寸言で、日本の考古学会および諸々の「権威」を風刺したつもりだが、もちろん先方には、どこ吹く風、だろう。

  


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 岡村淳. All rights reserved.