移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2020年の日記  (最終更新日 : 2020/07/10)
6月25日(木)の記 道行をこばむもの

6月25日(木)の記 道行をこばむもの (2020/06/25) 道行をこばむもの
ブラジルにて


現在、編集中の映像のからみで、十字架の道行の聖画を見ておきたい。
昨日はひと駅、歩いたところにある聖ユダ教会まで巡礼。
コロナ禍により、公開ミサは中止となって久しい。
ここの大聖堂はいまも閉じられているが、小聖堂は開けられた。

「十字架の道行」像とは、イエスの捕縛から埋葬までを14の場面で描いた聖画。
これまで、さして気にとめていなかったが、おそらくどのカトリック教会の聖堂にも飾られているはずだ。
祈りのための聖画だが、これはこれで絵としてもきちんと見ていくと面白い。
おや、ハチ巻きをしたあんちゃんも描かれている。
他のものにもあるのだろうか。

今日は買い物も組み込んで、別方向にある聖リタ教会にチャレンジ。
あちゃー、こちらは鉄柵を閉じている。
寄道はいいかげんにして編集に戻れ、ということか。

グラフィティの方の掘り出し物がいくつも目につく。
光線具合も考慮して再訪しよう。

国産ラム酒、料理用の白ワインなど買って帰宅。




  


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 岡村淳. All rights reserved.