移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2020年の日記  (最終更新日 : 2020/07/10)
6月26日(金)の記 ルルドの洞窟壁画

6月26日(金)の記 ルルドの洞窟壁画 (2020/06/26) ルルドの洞窟壁画
ブラジルにて


午後、所用で車を運転。
行きは早めに出て寄り道をしよう。

道中にあるルルドの聖母教会。
ウエブ上ではわからないが、これまで通りがかった時、正面の扉が開いていたと記憶する。

おう、今日も開いていた。
車を止めて詣でよう。
この教会は聖堂が地下になっている。
照明は落とされ、暗い。
事務室には人の気配がするが、聖堂には誰もいない。

この聖堂では、十字架の道行き図は向かって右の壁面高くに14枚、掲げられていた。
暗がりの画像を拝む。

ルルドの聖母教会というぐらいで、入り口左の地下にルルドの洞窟を模したジオラマがある。
ここは点灯されている。
洞窟のなかの聖母マリア、外から拝む少女ベルナデッタ。

ありゃ。
天井部は空色に着色され、鳥が描かれているではないか。
洞窟の外の背景にも植物が描かれている。
まさしく壁に描かれた壁画だ。
https://www.instagram.com/p/CB6QuPngsyL/

車を止めたついでにあたりを歩いてグラフィティを探そうかと思っていたが、イマイチ治安に不安があった。
教会内で壁画を拝めるとは。

昨年のメキシコはクエルナヴァカの、日本26聖人殉教図以来かも。
痛快。



 


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 岡村淳. All rights reserved.