移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2020年の日記  (最終更新日 : 2020/08/07)
7月13日(月)の記 テレビへのむかつき

7月13日(月)の記 テレビへのむかつき (2020/07/13) テレビへのむかつき
ブラジルにて


いやはや、なかなかモノが処分できない。
もう何十年と目もくれていない書類群、ばっさり捨ててもよさそうなものだが。

僕がブラジルに移住してから、朝日ニュースター(衛星チャンネル)の番組『フリーゾーン2000』に活路を見出すぐらいまでの時期のファックスや手紙、資料類。
主に日本のテレビメディア相手だ。

すっかり忘れていたが、思い出すとまず吐き気、そして憤りがよみがえってくる。
だいぶデタラメな仕打ちをあちこちから受けていたものだ。
そんな連中に関わってしまった己の不徳。

だが、それだけで済ませてはいけない、犯罪行為に加担させられそうな事態もしばしばだった。
これはバブルでイケイケの当時の日本のテレビ界だったからか?

今日も日本のノンフィクションを銘打つ民放の番組の「過剰演出」、あるいはヤラセの告発記事が。
僕自身、今年になってから日本の公共放送の、僕の映像を用いた事実捏造にあやうく巻き込まれるところだった。
それを拒んだため、長年の人間関係は破壊された。
しかし、それでも守らなければならないものが守ったつもりだ。

テレビみるバカ、でるバカ、つくるバカ、とはよく言ったものだ。
僕自身もいわばBC級戦犯だとネット上で告解したところ、面識のない御仁から、そんな犯罪者は日本に入国できないようにしてやる、と罵詈雑言を浴びせられたっけ。
その御仁らのもくろむ、僕にとっては狂気そのもののイベントに僕が疑問を呈したからだ。

いまや、おかげさまで晴れて日本に入国できない状態になりました。

それにしても、こうした膿みを抱えたままでは、先が思いやられるばかり。
さて、自分のことをしよう。

  


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 岡村淳. All rights reserved.