移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2020年の日記  (最終更新日 : 2020/08/07)
7月17日(金)の記 消えた一日

7月17日(金)の記 消えた一日 (2020/07/17) 消えた一日
ブラジルにて


サンパウロでのコロナ禍巣ごもりが定着してから、前日のウエブ日記を朝食後におこすのが日課となった。
はて、数日前から曜日がくるっていることに気づいた。
カレンダーと照らし合わせてみるが、いつから間違えたのがわからない。

むむ、なんと先週の土曜の項がないではないか。
ワタクシとしたことが。
とにかくまず曜日を修正。
先週の土曜の記憶を、前後に発信したメッセージや家族に尋ねて再現。
カレー話で書いておくこととする。
http://www.100nen.com.br/ja/okajun/000257/20200711015432.cfm?j=1

今日では茨城の神立で外国系児童のまなび舎を営む畏友の櫻田博さんのご厚意で、このウエブ日記を始めたのが西暦2004年2月。
16年と半年前だ。
いらい、更新の遅れはしばしばだったが一日も書き洩らしていない、つもりだ。

コロナ禍巣ごもりでメリハリのない日々が続き、なにより今週は三日間の断食を行なったため、よけい身心が混乱したようだ。

なんとか失われた一日を再現、さらに前日分を書き上げて。
必需品の買い物と、グラフィティのスナップ採りをして戻ると、もうお昼ではないか。
職場の同僚のコロナ発病で落ち込んでいる家族を「食べさせて応援」。
家族の好物をつくろう。



 


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2020 岡村淳. All rights reserved.