移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2020年の日記  (最終更新日 : 2021/01/01)
11月23日(月)の記 麦と老年兵

11月23日(月)の記 麦と老年兵 (2020/11/23) 麦と老年兵
ブラジルにて


いやはや、いい歳こいて知らないことが多くて情けなし。
賞味期限が今年1月末だから、日本でいただいたのは去年だろうか。
二条大麦の蒜山(ひるぜん/ひるせん)麦湯というのを岡山のアミーゴからもらった。
麦茶用の麦である。

蒜山は岡山と鳥取の県境にある火山で、国立公園に指定されている。
高原の観光地としても知られる地だ。
この麦も製造は鳥取県倉吉、問合せ先は岡山県真庭と県をまたいでいる。

二条大麦というのは京都の二条に由来するものだと思っていた。
六条大麦というのもあるし。

ところが調べてみると、植物学的に小花か2列、6列から来た名前とな。

そもそも僕には大麦と小麦の違いもよくわからない。
調べてみると、麦とは「外見の類似したイネ科穀類の総称」だという。

ブラジルで cevada や cevadinha と呼ばれる麦を買ってきて、白米や玄米、キノアなどと混ぜて時々、炊いている。
いずれも辞書で調べると大麦だが、セヴァジンニャはセヴァダの小さいもの、の意で、色や硬さからしてこの二つは別物っぽい。

玄米は水に漬けて一日も置けば発芽が始まるが、このセヴァダ麦はどうだろう?
そもそも麦の芽は麦芽というぐらいで、栄養価も高そうではないか。
これを試してみたが、二日三日と漬けておいても発芽の兆しはなく、気泡がぷくぷく出てきてこのままでは腐敗という観となった。
ネットで検索してみるが、よくわからない。
こちらに農の基本的知識が欠けているせいだろう。

そんなこんなで、炊いても硬さが抜けないセヴァダ麦を持て余していた。
先週、これを炒って麦茶にしてみようと思い立つ。
火の消し忘れでだいぶ焦がしてしまったが、もったいない。
麦焦がしともいうではないか。

そうそう、麦茶ではなく代用コーヒーになるかと思っての試みだった。
どこかブラジルの田舎で麦だったか、トウモロコシだったかの代用コーヒーをいただいたことがある。
悪くなかった。
調べてみると、大麦を代用したコーヒーは、スペイン市民戦争時の苦肉の発明の由。
コツは、よく濃く煮だすこととある。

やってみると…
よく濃く煮だした麦茶の味で、珈琲とはかなりの距離を感ず。
が、悪くはない。

先の蒜山麦湯も三度出しまで可、とあったが、自家製麦茶も三度、いけた、
出しがらの麦はおかゆに使えそうだ。

今日は断食。
夜、ふたたび炒りセヴァダで麦茶をつくる。
おいしい。





 


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2021 岡村淳. All rights reserved.