移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2020年の日記  (最終更新日 : 2021/01/01)
11月27日(金)の記 ミスカルの発見

11月27日(金)の記 ミスカルの発見 (2020/11/27) ミスカルの発見
ブラジルにて


今日は東洋人街に出るか。
過去に書いたエッセイをリニューアルするために添える写真がほしい、というのが主な理由。

月曜から連日、のぞいている近くの私立学校にまず寄る。
この学校の外壁にグラフィテイロ(グラフィティ作家)のクラウベルさん兄弟が作画を続けている。
https://www.instagram.com/p/CIGObHeHcXy/
向こうも仕事中、町はコロナ自粛要請が出ている時期なので、長話は控える。

グラフィテイロというとパンク系の若者を想像しがち。
ところがこの兄弟は地味な感じの人で、最初はペンキ職人かと思った。
画材の選択、作品とも目をひく味わいがある。
日本の銭湯の壁画職人、かつての映画館の看板描き職人もかくや。

東洋人街で、まずBORI CAFE に寄る。
ブラジル生まれの若いコリアン女性の経営。
路上に面した解放の店で、換気は抜群。
今日もほかの客がいないので、彼女に質問。
BORIは韓国語で麦の意、と聞いたが、韓国にも麦でつくった代用コーヒーはありや?

何回か質問を繰り返して、ようやく理解してもらえたようだ。
彼女は「ミツカル」と日本語のような単語を発した。
韓国では幼児の飲み物です、奥にあるから取ってきましょう、とのこと。

のちに「ミスカル」だと知る。
彼女が持ってきた袋はハングル文字表記だが、ポルトガル語の成分表記もあり、ブラジル製のものだ。
さまざまな雑穀をまぜて粉にしたようだ。
彼女は牛乳を沸かして、これで溶かして飲んでくださいという。

ふーむ。
キナコの味わい。
牛乳で割っていて、しかもすべて穀類なので腹持ちもいい感じ。
偉大なコリアン文化のひとつを教えてもらった。

ちょうどわが家のコーヒーが不足してきていた。
お店のコーヒー豆を挽いたものを買うことにした。
サンパウロ州奥地の産とある。

聞くと彼女はバリスタで、産地まで車を運転して買ってくるという。
長い時間をかけて生産者と信頼関係を築いている由。
わが意を得たり。

日本では…
故郷目黒は祐天寺の coffee carawayさん、那覇の屋台コーヒーのひばり屋さんが僕のお気に入りだが、いずれも女性が一人で経営している。
どちらもこだわり抜いたお店だが、さすがに日本では自らクルマでコーヒー生産者のところまで買い出しというわけにはいかないだろう。

あ、沖縄だと可能かもしれないな。
(追記:那覇のひばり屋の辻さんに確認してみると、国頭まで車で買い出しに行かれているとのこと!!)

今度、BORIさんにS.サルガドの写真集『PERFUME DE SONHO:夢の香り』を知っているか聞いてみよう。
世界各地の家族規模の農園でコーヒーを生産している人たちの写真だ。
その多様性が、ここちよい夢の香りに誘ってくれる。






  


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2021 岡村淳. All rights reserved.