移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2020年の日記  (最終更新日 : 2021/01/01)
11月29日(日)の記 傾向と対策

11月29日(日)の記 傾向と対策 (2020/11/29) 傾向と対策
ブラジルにて


半月前に行なった日本での拙作上映とブラジルからのオンライントーク。
オンライントークは大きなトラブルもなく、及第点かなと思っていた。
ところが参加者から、上映の画角に問題があったとのご指摘をいただいた。
上下が切れて、字幕が読めなかったとのこと。

主催者に確認すると平謝りで、さっそくSNSにお詫びの文章があげられた。
僕としては、今後こういう事態が起こるのを防ぐため、なぜトラブルが生じたかが知りたい。

その点を問い合わせると、事前のテストでは問題がなかったという。
本番の上映を始めてすぐに別件に取り掛かり、数分後に画面を見て問題に気づいた由。
「霊障」の可能性は?と新たに尋ねてみるが、この問いはスルーされた。

夜、日本の知人のSNSで彼女主催のイベントのトラブルを知る。
Zoom対談で東南アジアのゲストとの交信が、先方の回線不良でうまく行かなかったようだ。
急きょ固定電話をつないで、先方の声を流してイベントを切り抜けたとのこと。

うむ、この方法は悪くないかも。
主催者に、こうした事態の時に流す画像を準備してもらって。
こちらの問題で断線になったら、わが家の固定電話の受話器はワイヤレスだから、片手で受話器を握って講義を続けて。
片手でルーターの電源をいったんオフにしてつなぎ直す。

まさしくライブ感があって悪くないかも。
断線がないのがいちばんだけども。

本番で「霊障」がないよう品行方正、加持祈祷に努めよう。



 


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2021 岡村淳. All rights reserved.